コスモス成年後見サポートセンターとは

成年後見制度の担い手・社会資源として

所定の研修を終えた会員を、各地の家庭裁判所に、後見人・後見監督人などとして推薦しています。

一般社団法人コスモス成年後見サポートセンターは現在41支部、会員数1,918名(2017年8月1日現在)、業務管理総数は3,331件です。

福岡県支部は2015年1月に設立され、会員数28名(2017年11月1日現在)です。

一般社団法人コスモス成年後見サポートセンターは、日本行政書士会連合会により平成22年8月に設立されました。
全国の行政書士のうち、成年後見に関する十分な知識・経験を有する者を正会員として組織されており、年間を通じて各会員に対して研修を行い、会員それぞれの資質の向上を図っております。

これにより、権利の擁護及び福祉の増進に寄与し、個人の尊厳が保持されることを目的とし、ひいては、ご高齢の方、障がいのある方が、ご自身の意思に基づいて、安心でその人らしい自立した生活が送れるよう、財産管理、身上監護を通じて、その方の人生に寄り添うとともに、誠心誠意サポート致しております。

また、当センターは、会員の指導・監督を徹底するとともに、会員全員が成年後見賠償責任保険に加入しておりますので、万が一のときでも安心です。